cibtacスクールに通ってスパセラピストになるには

スパセラピーとは美容と健康の両面からトリートメントと呼ばれる施術を行い、クライアントに癒やしを提供するものであり、薬や手術を用いないで身体の不調を改善するセラピーの一種です。スパとはウェルネスを目的としたサービスを提供する施設であり、スパで働くセラピストはスパセラピストと呼ばれます。
ストレスフルな現代社会において、見た目の美しさだけでなく、内面から輝く健康的な生き方に注目が集まっており、スパセラピストへのニーズは高まっています。スパセラピストは美容と健康に関する高度な知識と技術を有するだけでなく、サービス業のプロでもあります。スパセラピストは大半が女性であり、クライアントやスタッフも女性がほとんどです。女性にとっては、専門性が活かせる働きやすい仕事だと言ってよいでしょう。

持っていると有利な資格

スパセラピストは、資格がなければできない仕事ではありません。ただし、クライアントに満足していただくためには、身体に関する知識やトリートメントの技術、サービスの心得などが不可欠です。そのため必ずしも資格は必要ではないものの、実際には国際資格を取得していたり、取得を目指すスパセラピストが多くなっています。
スパセラピストに関するいくつかの国際資格の中で、もっとも権威があるとされているのがcibtacと呼ばれるものです。cibtacとはイギリスで1977年に設立された国際的なセラピストの資格認定組織であり、cibtacに認定されればセラピストとして世界的に通用します。日本国内ではまだそれほど認知度が高くはありませんが、保有していると就職にも有利です。

cibtacスクール選びのポイント

スパセラピストになるには、美容や健康に関する知識やマッサージの技術、ホスピタリティなどを身につける必要があります。スパセラピーは、知識と技術を用いて施術を行い、癒やしを提供するトータルセラピーであることが特徴です。マッサージの技術は独学で身につけるのは難しく、ホスピタリティを高めるには、経験も必要となります。スパセラピストになったりcibtac認定資格を取得したりするには、スクールに通うことがおすすめです。美容や健康に関する知識についても、独学でするよりは、スクールの講座を受講したほうが効率的に学ぶことができます。
cibtac認定資格を目指すコースのあるスクールは、まだそれほど多いとは言えないのが現状です。いくつかあるスクールの中で自分にあったところを選ぶには、無料説明会に参加してみるとよいでしょう。

アロマテラピーの資格を取得して、実践で活躍できる場を広げましょう。アロマスクールJEAの強みは、世界レベルの一流の講師陣に学ぶことができ、代替医療の本場で培われた知識や技術が学ぶことができます。また、コースによって実際の現場での実践学習もあり、一人一人の自信に繋がります。 英国IFPA資格対応メヂカルアロマテラピストコース。 JEA認定ボディケアテラピストコース。 cibtacの取得なら京都・大阪のアロマスクールJEAへ