東京のライフスタイルに適している葬式

東京のみならず、首都圏全域や全国の都市部で注目されているのが、家族葬です。多くの葬儀社も、今や家族葬プランをメインにしている感があります。家族のみで静かに故人を送ることができるというメリットと共に、大きな魅力となっているのが、従来の葬式に比べてリーズナブルである点です。参列人数が少ないという規模の面でのコンパクトさもありますが、近年ではお通夜を行わない一日葬や、お通夜も告別式も行わず火葬のみの直葬といった、セレモニー部分を省略するプランの人気が高まっています。マンションが増え、隣近所との付き合いが希薄になったことからニーズが高まり、一般に定着してきた家族葬ですが、さらにコンパクト化が進み、よりリーズナブル形式が選ばれやすくなるという流れが加速しています。

斎場の考慮も重要となる葬儀社選び

日本の首都だけに、東京23区内だけで900以上もの葬儀社が存在すると言われ、通常の大都市でも1、2か所が一般的となっている火葬場も、9か所も設けられています。実際に葬儀が行われる斎場も、公営民営合わせると、軽く100か所以上になると考えられます。かつての葬式は、病院で亡くなった故人が自宅に搬送され、近隣住民の助けを受けながら、お通夜も告別式も自宅で行われるものでした。エレベーターへの棺の搬入が難しいマンションのみならず、今は自宅で葬儀を行うほうが珍しくなり、ほとんどの場合、斎場で行われるようになっています。その点、葬儀社を選ぶ段階で、利用できる斎場の雰囲気や立地なども重要となり、自宅からアクセスしやすい場所にある斎場を基準に、葬儀社を選ぶケースもあります。

直葬で選ばれやすい火葬場併設の斎場

コンパクトな葬式である家族葬の中で選ばれやすくなっているのが、火葬のみを行う直葬です。セレモニー部分が無いということで最もリーズナブルという点と、時短であることも、スピーディーな日常を送る東京のライフスタイルに合うと言えます。この直葬には格安10万円以下の広告も散見されますが、一般的に25万円ほどかかると言われていますので、格安プランは遺体搬送費用や安置費用がオプション加算されて、支払い時には倍以上となることがほとんどです。その点、火葬場併設の公営斎場では、良心的な価格での直葬プランがあり、人気が集中しています。火葬場が多い都内であっても、葬儀が重なっている場合、亡くなってから数日待たされることもあります。混み合う上、何かと不便となる年末年始では、1週間ほど待つことにもなります。そういった場合も細やかに対応してくれる葬儀社もありますので、価格の安さのみに注目せず、頼りにできる業者を選びたいものです。

当社の強みは全葬連の葬送業安心調査で、最高ランクに評されたサービスを提供し、お客様に何の心配もなくご葬儀を執り行えることです。 サービス概要は葬儀で、一般葬や家族葬や社葬や合同葬や直葬などがあり、オリジナルデザイン生花祭壇や各種アレンジ装飾などの独自演出もあります。 急な葬儀で困った場合に、安心のパートナーとしてお役に立てるように真剣に向き合い、安く葬儀を提供しています。 東京でまごころをこめたお葬式を